あわゆき と こゆき(mhkn)

親になったあわゆき

mhkn 床寝 外伝【床寝 Advent Calendar 2015 / 10日目】

突然ですが、『床寝 Advent Calendar 2015』10日目のエントリーです。

 

わたしの床寝と我が子 mhkn との関係性については先日『はてゆき』にしたためたので、よかったらそちらをご覧いただけますと幸いです。

 

…で、実は mhkn との床寝にはもうひとつエピソードがありまして。

どちらかというと mhkn メインの話になってくるので、こちらでご紹介します。

 

mhkn を眺めながら床寝していてふと思った

f:id:awayukinet:20151210214548p:plain

授乳する時っていつもこっちから抱き上げてやって飲ませるわけだけど、突然目の前に乳が見えたらどうするんだろうか…?と。

 

試してみました。

 

f:id:awayukinet:20151210214736p:plain
f:id:awayukinet:20151210214833p:plain
f:id:awayukinet:20151210214843p:plain

 

…それだけなんですけどね。

 

乳を見せると mhkn 自らずり這いで寄ってきて、飲みます。ただし、飲むにはちょっと辛そうな姿勢なので、早々に切り上げて普通の体勢に切り替えますが。

子どもの頃見た飼い犬とその仔たちの授乳風景を彷彿とさせる感じでした。野性味だ。

 

寝転びながら授乳するフォーメーション

床寝ではないんですが、赤子の横に添い寝しながら授乳する『添い乳』という授乳スタイルがありまして。時々やるんですけど、まだあまり動けないくらいの月齢の子だと、ちょうどいい飲みポジションを自分では調整できないのです。

で、母親のほうが位置を微調整しないといけなくてそれがなかなか難しいんです。じゃあ勝手に吸いに来てくれたらいいのになぁ…というのもあって、試してみたのでした。でも添い乳フォーメーションにはならなかったので、これじゃダメね。

 

それにしても乳というのは赤子にとっては絶対的な存在なのだなぁ。

 

床寝ントカレンダー、まだ空きはあるので、皆様もお気軽に是非どうぞ。